上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの「ラジオライフ」三才ブックスから「BCLラジオカタログ」が発刊されるそうです。
BCL'erには、お勧めの本ですね。おやじも1冊購入しようかなと考えて います。見ているだけで、おやじが学生の頃使っていたラジオやほしくても手に入れることが出来なかったラジオがいっぱい紹介されているようです。
おやじも昔のラジオのカタログを沢山持っているけど、パーフェクトじゃないしね。この本を見たら、多分欲しい病が出るぞ・・・・きっと。
世のおやじ達も一緒だと思うけど・・・如何。

久し振りに、このようなバイブルが発刊される事を、おやじなりに喜んだ。
発売日には、本屋さんへ・・・・

表紙を飾ったのは、SONY スカイセンサーとPanasonicクーガーですね。おやじも昔は両方欲しかったけど、結局スカイセンサーシリーズを選んじゃったよ。(SONYの文字に憧れて)ただ、RF-877だけは使ったけどね。2200は使うことが出来なかった。当時のアナログでのダイヤル合わせは大変だった・・・。後に直読(デジタル)になって、ICF-6800を買って、スカイセンサーは現役引退という形で、BGM用のラジオに変わってしまった。これも世の中の流れとても言うのでしょうか・・・・。

今でも、オークションで高値で取引されているようです。おやじも欲しいなぁ~と思ってオークションを見ると、いやぁ~高いな。20年前の値段と変わんないじゃない・・・・。
せめて、10,000円位なら何とか買えそうだけど、それ以上になったら諦めちゃう。
20年経っても人気の有る機種は高いですね。こうして見ると、おやじの家に有るBCLラジオは手放せないなぁ~って思って来ました。

現在、BCLに関する書籍は殆ど廃刊になっちゃっている中で、頑張って居てくれているのが、この「ラジオライフ」だけですね。ちょっとBCLに関するページ数が少なく思うけど・・・・もう少しページ数を増やして欲しいなぁ~と思って読んでいます。

昔、BCL'erなら一度は読んだ「短波」誌の様な、BCL雑誌が又発売される事を期待したい。
全部持っている人って何人くらい居るんだろ~。おやじの所には数冊しか残っていないので、ちょっぴり寂しいです。「ラジオの製作」はごっそりとってありますので、時々出しては目を通して、自分が投稿した記事を見ては、当時の事を思い出す。
あの頃は、未だ周波数がKcで呼んでいたんだ、10Kcの時代だった・・・・。
地元のCBCラジオが1050Kc、東海ラジオが1330Kc、NHK名古屋が720Kcと呼んでいた。
あれから長い月日が経ち、今は9KHzの時代で、時代の流れがとても早く感じます。

「ラジオの製作」は紙の色がもう茶色くなっています。20~30年は経っていますからね。
活字が大きく、視力が低下して来ているおやじには読み易い。
未だ糊もしっかりしていて、破れが無く当時のままで、保存状態はいい方です。
中を見ると懐かしい~記事がいっぱい。当時、子供ながらに一生懸命隅から隅まで読んだ記憶がある。こういう本も復刻版でも良いから、出して欲しいなぁ~「大人のラジオの製作」って奴を・・・。

当時の「ラジオの製作」愛読者も、今はいい歳のおやじになってると思うし、それなりに小遣いも持っている事だろうから。是非、発売される事を期待したい。実現したら嬉しいなぁ~。
駄目もとで、電波新聞社に話してみようかなぁ。

何か、おやじの愚痴と夢で終わっちゃった~。

今日の夜も、ラジオに釘付け・・・・って事に。


ブログランキングに参加しています。読んで良かったらワンクリックお願いします。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】    人気ブログ検索 - ブログフリーク ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング









 


 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunys7388.blog70.fc2.com/tb.php/166-6fe046d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。