上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BCLラジオカタログ」を買って読んでいた時、ふと昔集めたカタログの事を思い出した。
 シャックの奥に締まってあった、昔のカタログ「SONY BCL・RX総合カタログ」を見てみた。
うわぁ~すげぇ~!! おやじが喉から手が出るほど欲しかったラジオが表紙を飾っていました。見ると昭和52年10月現在の製品だって。

先ずは、表紙とその中をめくったところの部分を紹介します。
タイトルが、ソニーのラジオ技術の集大成、ワールドゾーンとありまして、当時の技術者の方の意気込みが感じられる、キャッチコピーですね。
カタログもBCL・RXカタログと称して専用カタログになっています。
眺めているだけで、欲しくなり、よだれものです。
続きは、又ご紹介します。他にも色々出てきました。

          20070321142859.jpg330.jpg320.jpg
当時、CRF-330Kが420,000円 CRF-320が320,000円でしたので、おやじには到底手が届くものでは有りませんでしたが、借金してでも欲しいなぁ~と思ったことが、何度かありました。
30年前の話だから、当時は車が欲しくて、車を買っちゃったから断念した。
2つに1つを選ぶと言う、当時の若者には滅茶苦茶苦しい選択肢だった気がする。

おやじのBCLの先輩のところに、CRF-230が有って、良く触らせてもらったものだった・・・・。
ご兄弟でBCLをされ、お兄さんがインドネシアを専門に聞いておられ、おやじの耳には感じられない電波が、先輩の耳には聞こえると言う事が幾度と無くあった事を思い出す。
その先輩のお兄さんは、今は他界されおやじにとっては重大ニュースの一つに挙げられる。ちなみに、弟さんは南米専門で聞いておられました。おやじにとっては先生でしたね。

とにかく、を澄ませてじっと聞いていてごらん、アナウンスが聞こえるから・・・「イニラ・ラディオ・リパブリック・インドネシア・・・」と言っているらしいんだが、おやじのにははっきり聞き取れない。
何か言っているんだが、経験不足でが慣れていないのが、どうもいけないそうだ。

を慣らして、アナウンスだけでも、聞き取れるように頑張ってと良く励まされた。
その言葉だけは、今でも忘れない・・・・。

こうして、当時のカタログを見ると、懐かしい思い出がいっぱい出てきます。

続きは、又・・・・。(このカタログには、他にICF-6800、CF-5950、ICF-5900、ICF-5800なども載っていますので、あらためて・・・)

本日のABC3局の状態は、2310・2325・2485KHz共に良好に入感しております。
午前0時を過ぎると、2485KHzが一番良くなるかなぁ。

【海外局の情報】
Danish Shortwave Club International announces DX Contest


The Danish Shortwave Club International sends news about the 19th international DX contest, "The Grand Tour With Cancer And Capricorn" 2007. The contest runs from Friday 13th April, 1800 UTC, to Sunday 29th April, 2400 UTC. It is open to all shortwave listeners regardless of club affiliation. The primary contest frequencies are from 2300 to 26100 kHz. Logs outside this range will be valued by half points. The contest fee EUR 3.00 / USD 3.00 shall be sent together with the contest form to:

Jaroslav Bohac

Jizerska 2900

11, 400 11 Usti n.L.

CZECH REPUBLIC

(or) trams@volny.cz

Deadline: 4 May 2007 (date of post stamp), 11 May 2007 (by e-mail). Each participant will receive a contest diploma with his/her classification and a list of participants with their results. The first three participants will be awarded non-cash prizes; three additional prizes will be drawn into all participants regardless to their scoring.

In Part 1 listen please to any BC station of the contest country, for 15 minutes at least. For one country one log only. Unofficial, pirate and clandestine stations are not allowed. Scoring: 1000 points of each logged country will be divided by a number of logs and rounded to two decimal places. Maximum point value 200 points for one country. In Part 2 you can raise your score by listening to any DX program.

The number of DX programs is limited to 6! No particular country limit. Scoring in the same way as in Part 1, maximum point value 100 points for one DX program. Full value of the Quiz questions is 1/10 of the points reached in Part 1 + Part 2. Example: If your point value of Part 1 + Part 2 is 1000 points, and you reach 65 quiz points, then you can raise your total score to 1000 * 1.065 = 1065 points. The contest form is available on the club's website at: http://dswci.org/news/. (Source: DSWCI/NASWA Flasheet 268)


ブログランキングに参加しています。読んで良かったらワンクリックお願いします。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】    人気ブログ検索 - ブログフリーク ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunys7388.blog70.fc2.com/tb.php/170-1cf649f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。