上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日に家族で静岡へ行った時に、ハイウェイラジオを受信を試みました。
静岡へわざわざ海鮮丼を食べに行く事が決まって、道中車中は何をするか?
おやじは当然の様にハイウェイラジオを受信するに決まっていると言う事を察知され、子供はi-podで自分の世界を作って、家内は仕方が無くLogを取る事に・・・・。車内は不穏な空気が漂っている。
車は順調良く、東名高速を東へ・・・
愛知県内のハイウェイラジオは目的の『岡崎東』までは聞かず。新しく開局した『岡崎東』のLogのみ取ってもらい・・・あとは、静岡県内へ入るまではFMを聞いていく。

宇利トンネルを越え、三ケ日トンネルを越えた辺りから、『ハイウェイラジオ三ケ日』が聞こえ早速Logを取ってもらう。その後、浜名湖サービスエリアで休憩。

休憩を取った後は、次の『牧之原サービスエリア』までの間、順次チェック。
この辺りから、富士山が綺麗に見えてくる。
何しろ、天気は快晴で、絵葉書で見ると同じ位の綺麗さです。写真はもっと後で取ろうと言う事に。車窓から見える富士山に家族はご満悦状態。その間も清水ICまでの間も家内はLog取り。

家族の理解と協力があって、予定したハイウェイラジオ(上り線)は全てCFM出来ました。
その後、清水ICを出て、あの『海鮮丼』を食べに清水港へ・・・・。

暫くの間昼食Time・・・・。前に書いたあのおがわさんの『次郎長丼』 美味かった~。又食べた~い

帰りは、日本平へ立ち寄り展望台に上り、富士山を見てきました。
日本平へ立ち寄った目的は、ラジオを聞こうと思って登ったのですが、残念な事に帰る時間が遅くなるので長居は出来なかった事と、思ったより聞き辛かったです。
でも、富士山は良く見えたし、電波塔もしっかり傍で見て来ました。圧巻ですよ。

日本平(にほんだいら)は、静岡県静岡市の清水区から駿河区にかけてにある景勝地。静岡平野の中にある丘陵地で茶畑や広葉樹林が広がる。標高308mの頂上付近からの眺望で有名で、正面に広がる富士山、伊豆半島や南アルプス、眼下に広がる静岡市街・清水港と駿河湾と雄大な景色が広がる。1980年の日本観光地百選コンクールで第1位となっている。夜景スポットとしても有名である。

山頂にいくには主に日本平パークウェイを利用する。この道路は以前は、静岡側は静岡日本平パークウェイ(静岡県道路公社)と清水側は清水日本平パークウェイ(清水市振興公社)と呼ばれる有料道路であった。

山頂付近と久能山東照宮の間には日本平ロープウェイがある。童謡「赤い靴」の女の子の母子像もある。

日本武尊の伝説が地名の由来(関連:「草薙」「焼津」「日本坂」)。

有度山(うどやま)という山としての呼称もあり、これは周辺の地名に「有度」「有東坂(うとうざか)」などで用いられているものの、現在では日本平に比べ使われる機会が少ないが古来この地には駿河国有度郡(うどのこおり)と称する郡が置かれており由緒のある地名である。 有度郡は、現在の駿河区と清水区の駿河湾岸から東海道本線のあたりまでが郡域で、安倍郡に吸収され、現在の静岡市に至っている。

静岡県内の放送局各社が個別に建設したアナログ放送用の日本平送信所と、共同で建設した日本平デジタルタワーがある。

中腹には2005年に話題になったレッサーパンダ「風太」の生まれ故郷の日本平動物園、久能山東照宮、静岡県舞台芸術公園、遊木の森や清水エスパルスの本拠地である静岡市清水日本平運動公園球技場(日本平スタジアム)がある。

静岡 清水 日本平 022   
頂上の駐車場にありました。ここからの富士山の眺めは、天気次第では最高です。
皆さんここで記念撮影していました。
静岡 清水 日本平 024    
全体の感じは、この看板で・・・・。
静岡 清水 日本平 039 
これは、場所が違いますがこんな感じで見えていました。

日本平テレビ・FM放送所(にほんだいらテレビ・エフエムほうそうじょ)は、静岡市清水区草薙の日本平にある、静岡県の地上アナログテレビジョン放送及びFMラジオ放送の親局である。静岡県中部地域と伊豆西海岸をカバーしている。なお、地上デジタルテレビジョン放送については、新規に共同建設した日本平デジタルタワーより送信している。
静岡 清水 日本平 025
駐車場から見る電波塔です。一番左はデジタルのANT・2番目がSBS・3番目がNHK静岡4・5番は行けなくて確認出来ませんでしたが、残りは静岡第一テレビ・静岡朝日テレビ・テレビ静岡の何れかと思う。 
静岡 清水 日本平 027 静岡 清水 日本平 028   
SBS静岡放送日本平送信所のANTです。
静岡 清水 日本平 029  
送信所の入口です。多分無人状態でしょう・・・・。
静岡 清水 日本平 030 静岡 清水 日本平 031 静岡 清水 日本平 032
NHK静岡放送局 日本平テレビ放送所・・・・。 (かなり古い・・・大理石に石屋のおじさんが彫った(多分??)文字で刻まれています。
静岡 清水 日本平 040 一番左が、デジタルタワーです。
日本平デジタルタワー(にほんだいらデジタルタワー、正式名称:日本平デジタル放送所)は、静岡市清水区の日本平にある、静岡県の地上デジタルテレビジョン放送を送信する集約電波塔。静岡県の地上デジタルテレビジョン放送の親局である。UHF放送波によって静岡県中部・東部地域と伊豆西海岸をカバーするほか、浜松中継局・島田中継局などへのマイクロ波送信設備(TTL)を備えている。日本放送協会(NHK)と静岡県の民放テレビ局など計7社が共同で建設した。

アナログテレビジョン放送の送信所である日本平テレビ・FM放送所に隣接する敷地に建設されたため、これまで日本平からの電波を受信してアナログテレビ放送を視聴していた世帯の多くでは、デジタルテレビ放送の視聴のためにアンテナを増やしたり、方向調整などをする必要がない。

地上波アナログ放送で、静岡賤機、静岡瀬名、静岡麻機、静岡籠上、静岡羽鳥、静岡丸子、静岡興津などの中継局の放送波を受信していた世帯も、地上デジタル放送では日本平デジタルタワーの放送波を受信する(詳しくは次のリンクを参照 [1])。これらの地域の世帯で新たに地上デジタル放送を受信するためには、アンテナの増設か、アンテナの向きの調整が必要になる場合がある(なお、静岡丸子中継局など、垂直偏波の中継局のアナログテレビを受信している世帯で日本平デジタルタワーの電波を受信する場合に、既存のアンテナの向きを調整する場合は、向きの調整だけでなく、アンテナの傾きを水平偏波の放送波が受信できるように調整する必要もある)。

静岡エフエム放送(K-MIX)も建設に参加しているが、2007年現在、この送信所から放送の送信は行っていない。現在は隣接する静岡放送(SBS)のアナログ送信所内から送信を行っている。

日本平デジタル放送所(大成建設のサイト)http://www.taisei-design.jp/de/works/2005/nihondaira.html

こんな感じで、ラジオとは程遠い内容ですが、清水・日本平と2pointを楽しんできました。
何より、美味いものが食べられた事、富士山が見られた事、日本平でアンテナを間近で見られた事、ハイウェイラジオが何局か受信出来た事、全てに於いて良かったです。

又、今度も良さそうな所を探して、出掛けたいなぁ~。

ハイウェイラジオの静岡以東の残り分は、何時になるだろう・・・。狙いとしては、昼間の高速バス(東名高速経由)で東京から名古屋まで帰ってくれば、のんびり受信出来るんだが・・・。これは来年の課題として、とっておこう。今回のハイウェイラジオの受信確認証が届いたら、ここで又UPしたいと思います~ぅ。

一つ心残りは、CFMが一つもCheck出来なかった事・・・・残念

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunys7388.blog70.fc2.com/tb.php/526-119cf632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。