上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月も早10日が過ぎました。
街は既にChristmasの飾り付けで、あちこちlightupされて綺麗です。そんな光景をチラ見しながら、家に戻ると先日カーラジオで受信した『NBC長崎放送』さんのべリカードが届きました。
家では中々受信出来ない『NBC長崎放送』さんからの返信なので、嬉しいものです。
受信データもバッチリ記入して頂けて、2重の喜びです。438

img307.jpg 
ちゃんと、小さくですがDataが記載されています。218

普段は、『RAB青森放送』が強いので難しいです。・・・・ と言う事で、『NBC長崎放送』さんのべリカード『RAB青森放送』さんのデーターUPです。

青森放送株式会社(あおもりほうそう、RAB Aomori Broadcasting Corporation)は青森県を放送対象地域とする放送局である。略称のRABは開局当初「ラジオ青森(Radio Aomori Broadcasting)」だったことに由来する。

放送時間:月曜未明1:30~4:00を除く24時間(月曜日以外は5時基点。但し、『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』が放送される12月25日と、1週間後の1月1日(元旦)が月曜日にあたる場合は放送休止をせず、12月18日4:00から1月8日1:30まで3週間連続で放送する(2000年度は該当したが、2006年度は1月1日未明に通常通り番組休止した)尚、編成などの都合で月曜未明1:00に終了する日もある他、2008年11月29日日曜日は深夜0:00で放送終了した。

ラジオ周波数
青森本局(女蛇山)
コールサイン:JOGR
周波数:1233kHz
空中線電力:D5kW
技術情報
送信空中線:95m支線式円管柱(電気興業)、頂冠6m、指向性はダウンリード方式
放送機:MBT-8037B(NEC)×2
STL:送受信装置(NEC)出力1W、2m鏡面パラボラ、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階7m×11m
非常用電源:自家発電装置20kVA
備考:1987年11月放送設備更新、5kW放送機MBT-8037Bを2台設置で1台を予備

八戸局(八戸支社内)
コールサイン:JOGO
周波数:1485kHz
空中線電力:1kW
技術情報
送信空中線:55m円管柱
放送機:JBC-5D(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート
非常用電源:自家発電装置70kVA
備考:十和田局と同期放送

弘前局(宮川)
コールサイン:JOGE
周波数:1215kHz
空中線電力:500W
技術情報
送信空中線:55m円管柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:コンクリート・ブロック1階4m×8m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1995年局舎、一部設備更新

野辺地局(二本木・青森本局から)
周波数:1062kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:65m円管柱
中継回線:放送波伝送用の上北局を1.2m鏡面パラボラにて受信
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×6m
非常用電源:自家発電装置7.5kVA

十和田局(東十六番町・八戸放送局から)
周波数:1485kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:45m円管柱(傘型)
送信機:JBC-2A(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×5m
非常用電源:バッテリーフロート600AH
備考:八戸局と同期放送。送信空中線はNHK第1と共用

深浦局(岡崎・弘前放送局から)
周波数:1485kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:65mトラス柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面2段
送信局舎:鉄筋コンクリート1階3m×3m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1996年3月設備更新

RAB青森放送放送波伝送中継用局
鷹森山局 青森局舎からSHF波受信、VHF波にて八戸局、弘前局、十和田局、深浦局に向けて再送信。出力50W  上北局 青森局舎からSHF波受信、SHF波にて野辺地局に向けて再送信。出力50mW

ラジオの可聴範囲
青森放送局は、アンテナの指向性がむつ市方面に向けられている。逆に、弘前市方面の電波の放射は抑えられている。県内では、津軽平野と野辺地町周辺を除く陸奥湾岸での受信状態はおおむね良いが、津軽半島・下北半島の海峡寄り、津軽西部海岸、六ヶ所村の各地域では受信状態が悪い。県外では、函館方面のほか、北海道日高・秋田県北部方面で昼間良好に受信されている。夜間は僅かながらニッポン放送(1242kHz)の電波が混信することがある。
八戸放送局、および同じ周波数の十和田放送局は、おおむね八戸・三沢・十和田各市とその周辺で良好である。北海道東部太平洋沿岸部や岩手県北部でも比較的良好に受信できる地域もある。
弘前放送局は、津軽地方南部でもっとも良好に受信できるほか、青森市付近でも比較的良好であるが、大鰐・碇ヶ関あたりだと雑音がかなり目立つ。なお、東北自動車道上り線坂梨トンネルでは、弘前放送局が、NHK青森放送局ラジオ第1と共に再送信されている。
野辺地放送局は、野辺地町のほか、周辺の横浜町、東北町、七戸町でも良好に受信できる。
深浦放送局は、深浦町で良好であるほか五所川原市相内地区沿岸部や中泊町小泊地区沿岸部でも聴取可能。

弘前放送局は1062kHzだった周波数を1995年の10月、1215kHzに変更している。また、送信出力を100Wから500Wに増力した。周波数変更前にはテレホンサービスでラジオ放送が聴けた他、現在は青森放送局でテレホンサービスを実施している。[電話・青森017(723)1010。この電話番号は、RAB携帯サイトから「携帯でラジオ」に入りアクセス可能。]
野辺地中継局は野辺地地区の受信状況を改善するために、2000年1月14日開局した。なお、中継局建設に当たっては国の公共投資予算により、事業費の一部が補助されている。

地域別の番組・CMについて
日中の一部時間帯や番組では3地域において異なるCMが流れている。3地域は3放送局および3中継局を「青森放送局(JOGR)・野辺地中継局」「弘前放送局(JOGE)・深浦中継局」「八戸放送局(JOGO)・十和田中継局」に分かれる。
異なるCM(スポンサーがついている)が流れている番組 - 8時35分頃の交通情報(『今日も!あさぷり』内)、『大自然まるかじりライフ』、プッシュプッシュプッシュとラジオ伝言板(『あおもりTODAY』内)
さらに、土曜日16:00~17:00はこの3地域ごとにそれぞれ違う番組が放送されている。

※地域別番組(16:00~17:00)
HOTひろさき(弘前放送局・深浦中継局のみでの放送)
ふれあい八戸土曜スタジオ(八戸放送局・十和田中継局のみでの放送)
青森放送局・野辺地中継局は文化放送「高田純次・河合美智子の東京パラダイス」をネット受け


青森放送さんの支局・中継局の地域番組を受信すれば、ひょっとしたらべリカードも特記して貰える可能性が高いと思うが、さぁ~如何でしょう。

何か、『青森放送』さんの情報の方が多くなっちゃったです。436

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunys7388.blog70.fc2.com/tb.php/527-06e792c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。