上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の3月開局予定のコミュニティーFM『えふえむ草津』さんの話題が出ておりました。
おやじの所からでは、普通に受信は無理だが、草津ならば新名神も開通した事なので、出張受信が可能。
是非、聞いてみたいです。3月の正式な開局は確認取れていないが、試験放送も有ることだろうから、気にしていたい。
一番気になるのは、べリカードの存在です。多分、作られる事を期待しています。

『えふえむ草津』さんの記事は、155
コミュニティーFM「えふえむ草津」開局へ-市民アナウンサー起用
(2009年01月08日)


                                 コミュニティーFM「えふえむ草津」開局へ-市民アナウンサー起用 
                       3月に開局する「えふえむ草津」のロゴマーク
 
滋賀県で4局目となるコミュニティーFM放送局「えふえむ草津」(草津市草津3、TEL                077-566-5353        、78.5MHz)は、昨年11月の予備免許交付、同12月のアンテナ設置を経て今年3月の開局に向け着々準備を進めている。
同局は、昨年6月に草津市のコミュニティー放送局事業者の募集に対して同市在住の酒井恵美子さんが応募し、同8月に決定。「友人が新潟の地震の時に支援物資を持っていった時の地域コミュニティー放送局の重要性に感動した」ことがきっかけになった。草津を情報発信基地として、地域の皆さんと一緒にやっていきたい」と酒井さん。

スタジオは草津市が現在建設中の「まちなか交流施設(仮称)」(草津2)に構え、受信範囲は草津市のほぼ全域と大津市、栗東市、守山市の一部を含む7万世帯を予定。草津市の地域情報をメーンに市民参加型の番組を展開する。

酒井さんは「今までは市民参加型といってもなかなかなかった。本当の意味での市民参加を目指したい」と話し、市民アナウンサーを起用するための「アナウンサー体験話し方基礎講座」を定期的に開催している。同講座では地域貢献の一環で救急救命資格の取得も目指す予定。

1月中旬に局の愛称を決め、同25日と2月1日にパーソナリティーのオーディションを開くなど、開局に向けた準備はいよいよ大詰めを迎える。


えふえむ草津、来年3月に開局           写真
地域住民を番組パーソナリティーに

滋賀県草津市でコミュニティーFMの開局準備を進めている「えふえむ草津」(酒井恵美子社長)が27日、来年3月中旬に放送を開始すると発表した。関係者は「地域住民が主役になれる放送局を」と意気込んでいる。

放送エリアは、草津市全域と栗東市、守山市、大津市の一部で計7万世帯を対象にする。市役所屋上から送信し、同市2丁目の旧東海道筋の商店街に市が建設中の「まちなか交流施設」をスタジオにする。

番組は市内の交通や文化、生活など地域情報の提供を中心にする。また、地域住民を番組パーソナリティーとして積極的に登用する方針で、すでに住民を対象にしたアナウンサー養成講座も行っている。酒井社長は「草津を中心とした情報発信基地として、地域の皆さんと一緒にやっていきたい」と話している。

草津市は昨年、中心市街地の活性化を狙いに、開局費用を補助する条件で放送事業者を募集した。応募した酒井社長が今年3月に運営法人「えふえむ草津」を設立した。

【概要】wikipediaより引用
えふえむ草津(えふえむくさつ)は、滋賀県草津市にて開局予定のコミュニティFM局である。株式会社えふえむ草津の運営。愛称は未定で、公式サイトにて2008年12月25日までの応募の中から2009年1月中旬に決定する予定である[1]。

株式会社えふえむ草津 FM kusatsu Co.,Ltd.
愛称 未定(後述)
コールサイン JOZZF8E-FM
周波数/送信出力 78.5MHz/10W
本社・所在地 〒525-0034
滋賀県草津市草津3丁目13-25  草津市役所旧庁舎2F
TEL / FAX: 07...
設立日 2008年11月20日
開局日 2009年3月中旬
演奏所 まちなか交流施設(仮称) (草津2丁目1068-1)
送信所 エフエムくさつ送信所 (本社と同所)
放送区域 草津市 (98.7 %)、大津市、栗東市、守山市の一部

エフエムくさつ(仮称)
2008年11月20日、総務省近畿総合通信局より予備免許交付。滋賀県内の草津市ほぼ全域 (98.7 %)、大津市、栗東市、守山市各市の一部を放送地域に含める予定で、2009年3月中旬に本免許取得・開局予定。

2008年12月現在、滋賀県内では4例目となるコミュニティFM局で、受信範囲は草津市を中心に7万世帯(草津市のみで4万7千世帯[2])、24時間放送を予定[3]。ロゴマークは「勢いよく飛び出したい」としてロケットをモチーフとしており、放送番組の約8割で自主制作を目指すとしている[4]。

草津市2丁目の商店街に草津市が建設中の「まちなか交流施設」(仮称)をスタジオとする予定[5][2]。提供番組は市内の交通情報・生活情報など地域情報を中心に、地域住民を番組パーソナリティーとして積極的に採用・アナウンサー講座の教育を行う予定で、アナウンサー講座については既に開始されており[5]、プロの番組制作者らが指導を行い、18 - 70歳の男女約150人が講座を受講している[2]。

災害発生時には草津市危機管理室および湖南消防本部からの割り込み放送が可能で、緊急防災情報を発信する。これまでは防災無線でしか受信できなかった緊急情報が一般のラジオでも聞けるようになるメリットがある他、緊急地震速報の自動割り込み装置の導入も検討されている[2]。

しかし、放送出力が10 Wと低出力なため、放送受信圏内であっても屋内に入ると受信困難に陥る場合があるとされる[2]。

2008年10月30日から2日間行われた「くさつ街あかり・華あかり・夢あかり2008」にて、11月1日の夕刻から『駅前広場コンサート「えふえむ草津 開局プレイベント」』を行った[6]。

エフエムくさつ送信所
エフエムくさつ送信所(エフエムくさつそうしんじょ)は、えふえむ草津の送信所。株式会社えふえむ草津と同じく草津市役所旧庁舎2Fに所在しており、草津市内の広範囲および草津市外の隣接3市の一部地域に電波を発射する設備を有している。

『えふえむ草津』さんのHP157 http://fm-kusatsu.net/

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunys7388.blog70.fc2.com/tb.php/544-b6da3a0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。