上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の3月開局予定のコミュニティーFM『えふえむ草津』さんの話題が出ておりました。
おやじの所からでは、普通に受信は無理だが、草津ならば新名神も開通した事なので、出張受信が可能。
是非、聞いてみたいです。3月の正式な開局は確認取れていないが、試験放送も有ることだろうから、気にしていたい。
一番気になるのは、べリカードの存在です。多分、作られる事を期待しています。

『えふえむ草津』さんの記事は、155
コミュニティーFM「えふえむ草津」開局へ-市民アナウンサー起用
(2009年01月08日)


                                 コミュニティーFM「えふえむ草津」開局へ-市民アナウンサー起用 
                       3月に開局する「えふえむ草津」のロゴマーク
 
滋賀県で4局目となるコミュニティーFM放送局「えふえむ草津」(草津市草津3、TEL                077-566-5353        、78.5MHz)は、昨年11月の予備免許交付、同12月のアンテナ設置を経て今年3月の開局に向け着々準備を進めている。
同局は、昨年6月に草津市のコミュニティー放送局事業者の募集に対して同市在住の酒井恵美子さんが応募し、同8月に決定。「友人が新潟の地震の時に支援物資を持っていった時の地域コミュニティー放送局の重要性に感動した」ことがきっかけになった。草津を情報発信基地として、地域の皆さんと一緒にやっていきたい」と酒井さん。

スタジオは草津市が現在建設中の「まちなか交流施設(仮称)」(草津2)に構え、受信範囲は草津市のほぼ全域と大津市、栗東市、守山市の一部を含む7万世帯を予定。草津市の地域情報をメーンに市民参加型の番組を展開する。

酒井さんは「今までは市民参加型といってもなかなかなかった。本当の意味での市民参加を目指したい」と話し、市民アナウンサーを起用するための「アナウンサー体験話し方基礎講座」を定期的に開催している。同講座では地域貢献の一環で救急救命資格の取得も目指す予定。

1月中旬に局の愛称を決め、同25日と2月1日にパーソナリティーのオーディションを開くなど、開局に向けた準備はいよいよ大詰めを迎える。


えふえむ草津、来年3月に開局           写真
地域住民を番組パーソナリティーに

滋賀県草津市でコミュニティーFMの開局準備を進めている「えふえむ草津」(酒井恵美子社長)が27日、来年3月中旬に放送を開始すると発表した。関係者は「地域住民が主役になれる放送局を」と意気込んでいる。

放送エリアは、草津市全域と栗東市、守山市、大津市の一部で計7万世帯を対象にする。市役所屋上から送信し、同市2丁目の旧東海道筋の商店街に市が建設中の「まちなか交流施設」をスタジオにする。

番組は市内の交通や文化、生活など地域情報の提供を中心にする。また、地域住民を番組パーソナリティーとして積極的に登用する方針で、すでに住民を対象にしたアナウンサー養成講座も行っている。酒井社長は「草津を中心とした情報発信基地として、地域の皆さんと一緒にやっていきたい」と話している。

草津市は昨年、中心市街地の活性化を狙いに、開局費用を補助する条件で放送事業者を募集した。応募した酒井社長が今年3月に運営法人「えふえむ草津」を設立した。

【概要】wikipediaより引用
えふえむ草津(えふえむくさつ)は、滋賀県草津市にて開局予定のコミュニティFM局である。株式会社えふえむ草津の運営。愛称は未定で、公式サイトにて2008年12月25日までの応募の中から2009年1月中旬に決定する予定である[1]。

株式会社えふえむ草津 FM kusatsu Co.,Ltd.
愛称 未定(後述)
コールサイン JOZZF8E-FM
周波数/送信出力 78.5MHz/10W
本社・所在地 〒525-0034
滋賀県草津市草津3丁目13-25  草津市役所旧庁舎2F
TEL / FAX: 07...
設立日 2008年11月20日
開局日 2009年3月中旬
演奏所 まちなか交流施設(仮称) (草津2丁目1068-1)
送信所 エフエムくさつ送信所 (本社と同所)
放送区域 草津市 (98.7 %)、大津市、栗東市、守山市の一部

エフエムくさつ(仮称)
2008年11月20日、総務省近畿総合通信局より予備免許交付。滋賀県内の草津市ほぼ全域 (98.7 %)、大津市、栗東市、守山市各市の一部を放送地域に含める予定で、2009年3月中旬に本免許取得・開局予定。

2008年12月現在、滋賀県内では4例目となるコミュニティFM局で、受信範囲は草津市を中心に7万世帯(草津市のみで4万7千世帯[2])、24時間放送を予定[3]。ロゴマークは「勢いよく飛び出したい」としてロケットをモチーフとしており、放送番組の約8割で自主制作を目指すとしている[4]。

草津市2丁目の商店街に草津市が建設中の「まちなか交流施設」(仮称)をスタジオとする予定[5][2]。提供番組は市内の交通情報・生活情報など地域情報を中心に、地域住民を番組パーソナリティーとして積極的に採用・アナウンサー講座の教育を行う予定で、アナウンサー講座については既に開始されており[5]、プロの番組制作者らが指導を行い、18 - 70歳の男女約150人が講座を受講している[2]。

災害発生時には草津市危機管理室および湖南消防本部からの割り込み放送が可能で、緊急防災情報を発信する。これまでは防災無線でしか受信できなかった緊急情報が一般のラジオでも聞けるようになるメリットがある他、緊急地震速報の自動割り込み装置の導入も検討されている[2]。

しかし、放送出力が10 Wと低出力なため、放送受信圏内であっても屋内に入ると受信困難に陥る場合があるとされる[2]。

2008年10月30日から2日間行われた「くさつ街あかり・華あかり・夢あかり2008」にて、11月1日の夕刻から『駅前広場コンサート「えふえむ草津 開局プレイベント」』を行った[6]。

エフエムくさつ送信所
エフエムくさつ送信所(エフエムくさつそうしんじょ)は、えふえむ草津の送信所。株式会社えふえむ草津と同じく草津市役所旧庁舎2Fに所在しており、草津市内の広範囲および草津市外の隣接3市の一部地域に電波を発射する設備を有している。

『えふえむ草津』さんのHP157 http://fm-kusatsu.net/

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

新潟県十日町市にある『エフエムとおかまち』さんに、中継局2局誕生です。
昨年12月24日付けで予備免許が交付されて、今月開局予定との事です。これで松代・浦田両地区もバッチリ聞こえますね。『エフエムとおかまち』さんは災害時の放送(情報)にも力を入れられているコミュニティ放送局です。



平成20年12月24日
コミュニティ放送局の予備免許

信越総合通信局(局長 野津 正明(のつ まさあき))は、本日、株式会社エフエムとおかまち(代表取締役社長 村山 政文(むらやま まさふみ))に対し、コミュニティ放送局(超短波放送局)の予備免許状を交付しました。
申請者は、親局1局を設置しており、受信エリアの拡大を図るため、中継局2局を新たに開局するものです。
予備免許となった放送局については、平成21年1月に開局の予定です。
なお、予備免許の概要は、以下のとおりです。

【予備免許の概要】
局名                                      周波数及び空中線電力    設置場所
エフエムとおかまち 松代FM        78.3MHz  20W          十日町市松代
エフエムとおかまち 浦田FM        78.3MHz     1W          十日町市浦田

松代地域、松之山浦田地域で試験放送開始します。
エフエムとおかまちでは、12月24日、信越総合通信局から中継局の放送予備免許の交付を受けました。これにより、松代地域と松之山浦田地域に近日中に放送を開始しいたます。本放送に先立ち、25日木曜日のお昼頃から、試験放送の為の電波を発射します。本放送の開始日が決まりましたら、お知らせいたします。

『エフエムとおかまちさん』のHPより

株式会社エフエムとおかまち
愛称 ほっこりラジオ
コールサイン JOZZ4AN-FM
周波数/送信出力 78.3MHz/20W
本社・所在地 〒948-0003
新潟県十日町市宇都宮71番地2越後妻有交流館「キナーレ」2F
設立日 2005年10月3日
開局日 2006年2月4日
演奏所 所在地に同じ
送信所 新潟県十日町市宇都宮71-26道の駅クロス10屋上
中継局 なし
放送区域 十日町市の一部
公式サイト http://www.fm-tokamachi.com/   30

概要
エフエムとおかまち78.3MHzは、新潟県内では10局目[1]、全国では188局目に開局したコミュニティーFM局である。リスナーの数は6万人。[要出典]2007年(平成19年)5月10日には湯沢砂防ラジオ広報(中魚沼地域)として、北陸地方整備局と契約金1千万円で業務委託随意契約を行った[2]。

設立経緯
開局のきっかけは、2004年(平成16年)10月23日に発生した新潟県中越大震災(新潟県中越地震)。震災直後、隣の南魚沼市にある「エフエムゆきぐに」により機材の手配やパーソナリティの派遣を受け「臨時災害放送局 十日町市災害FM」を開局し1ヶ月に渡り様々な情報を放送した。この放送が、不便な避難生活を行っている多くの市民から「とても心強く勇気づけられた」「何とか十日町にもコミュニティFM放送局を」とコミュニティFM局を望む多くの声が上った。

その後中越大震災翌年の2005年(平成17年)3月有志により発起人会を立ち上げ「エフエムゆきぐに」「エフエムながおか」の両局の協力により開局にむけ動き始めた。 

同年9月には、FM放送の免許を申請し、その後設立総会、会社登記、社員の採用と進み10月には会社創立、2005年(平成17年)11月8日、総務省・信越総合通信局より予備免許交付[4]と言う驚くべきスピードでエフエムとおかまちが誕生した。

そして中越大震災から1年4ヶ月後の2006年(平成18年)2月3日に本免許が交付され[1]、2月4日に開局し放送を開始[5]、新潟県内では10局目、信越管内では14局目となった[1]。

現在働いているスタッフは殆ど地元採用で中越大震災を経験している。震災当時中越地震実際十日町市災害FMを聞き、新しく十日町にエフエム放送局が出来るなら是非働いて見たいと志を持った若者が中心となり、放送経験は少ないものの、士気は高く元気なスタッフが多い。「ほっこりラジオ」の愛称で多くの市民に親しまれ地域の情報を放送している。

つまり、エフエムとおかまち78.3MHzは、中越大震災を経験した十日町市民が、災害時のコミュニティーFMの必要性を感じ、中越大震災と言うマイナスのエネルギーを「プラスもエネルギーなら、マイナスもエネルギー」と考え、立ち上げたコミュニティFM放送局である。

スタジオと事務所は、十日町市の道の駅クロス10様隣の越後妻有交流館キナーレ2階にある。キナーレは、1階が温泉施設。2階が着物に関するお店や着物歴史館などある。温泉施設にラジオ局と言う組み合わせは、全国でも珍しい。

湯沢砂防ラジオ広報(中魚沼地域)業務委託 随意契約結果書PDF - 北陸地方整備局、2007年(平成19年)5月10日付。 
開局ほやほやの「エフエムとおかまち」スタジオ内を取材 - 新潟県庁・十日市振興局、2006年(平成18年)2月7日付。

こうして、地域密着のコミュニティ放送が、災害時に活躍される事は聴取者をはじめ市民の皆さんにとって、とても有難い事ですよね。

おやじは、未だ新潟県のCFM局は聞いた事が無いけど、是非聞いてみたいですね。 


良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング   

3連休の最後の日、朝から買い物に出掛け、昼からはLOOP7の基板作りの続きをやり、Radioをぼちぼち聞いています。
15:25から11725KHzで R.NEW ZEALAND INT. (English)を受信して聞いています。
メチャクチャConditionが良かったのでSINPO=45444でした。

神奈川県横浜市戸塚区のコミュニティ放送局に予備免許   報道資料/平成20年12月25日

総務省関東総合通信局(局長 岡山 淳(おかやま じゅん))は、株式会社エフエム戸塚(代表取締役 齋藤 正徳(さいとう まさのり))から申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)について、本日付で予備免許しました。 なお、予備免許したコミュニティ放送局の概要は下記のとおりです。


申請者 株式会社エフエム戸塚
所在地 神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1
呼出符号 JOZZ3BQ-FM
呼出名称 とつかエフエム
周波数 83.7MHz(メガヘルツ)
空中線電力 10W(ワット)
無線設備の設置場所 送信所:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1
演奏所:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1
放送区域 神奈川県横浜市戸塚区及び横浜市港南区の一部
放送区域内世帯数 46,350世帯
( 内訳 横浜市戸塚区:45,300世帯 (総世帯数99,501世帯の45.5%)
     横浜市港南区: 1,050世帯 (総世帯数96,089世帯の 1.1%)
※ 世帯数については、申請による

飛騨高山テレ・エフエムが放送区域を拡大
コミュニティ放送局(清見IC中継局他)の予備免許-
総務省東海総合通信局(局長 井筒 郁夫(いづつ いくお))は、本日、株式会社 飛騨高山テレ・エフエム(代表取締役社長 蓑谷 穆(みのたに たかし))に対し、コミュニティ放送局(清見IC中継局等6局の超短波放送中継局)の予備免許を付与しました。

株式会社 飛騨高山テレ・エフエムは、平成9年に旧高山市の一部を放送区域とするコミュニティ放送局「ひだたかやまテレ・エフエム」を開局し運用してきましたが、本件は、平成17年に高山市が合併した地域へ放送区域を拡大するため、中継局6ヵ所を設置するものです。

1 予備免許の概要
【表1】中継局の概要 中継局の名称 設置場所 周波数及び空中線電力
清見IC 高山市清見町 76.5MHz 5W
清見龍ヶ峰(きよみりゅがみね) 高山市清見町 76.5MHz 5W
荘川(しょうかわ)ダナ 高山市荘川町 76.5MHz 1W
高根子の原(たかねねのはら) 高山市高根町 76.5MHz 1W
上宝在家山(かみたからざいけやま) 高山市上宝町 76.5MHz 2W
奥飛騨温泉郷平湯(おくひだおんせんごうひらゆ) 高山市奥飛騨温泉郷平湯 76.5MHz 1W

放送区域内世帯数
27,099 世帯(注1)
84.2%(注2)
注1:既設親局の放送区域を含めた世帯数
注2:高山市内世帯数(平成17年国勢調査)に対する放送区域内世帯数の割合

2 試験放送の実施
この予備免許を受けて、同社では本放送に先立ち、一般のご家庭で受信可能な試験放送を平成21年1月下旬から行う予定です(試験放送のため、臨時に停止する場合があります)。その後、当局による新設検査合格後、免許を付与することとなります。

3 本放送開始(予定)
平成21年4月1日

【清見IC中継局のエリア図】



【清見龍ヶ峰中継局のエリア図】

【荘川ダナ中継局のエリア図】

【高根子の原中継局のエリア図】

【上宝在家山中継局のエリア図】

【奥飛騨温泉郷平湯中継局のエリア図】



ちなみに、昨年受信した『NHK津FM放送・鳥羽中継局』の受信確認証を発行して頂きたく、PFCでお願いするも無しのつぶて・・・・PFCでTryしてみたが無駄だった様な気がします。首を長くして待っているのだが、駄目だろうか。 せっかく、鳥羽で受信した証まで付けて送ったのに残念賞・・・・です。

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

ここ暫く、嫌なニュースばかりが続いていますね。
そんな中、放送業界も大変厳しい様で、相次いで廃局が続いています。CFM局もスポンサー減のあおりで、廃局に追い込まれているのでしょうか・・・・。
世界中がおかしくなって来て、この状態はいつまで続くのでしょうか・・・。

暫らくUP出来なくて、ラジオに関する情報収集を行っていましたら、色々出ておりました。
北海道札幌市南区の『みなみくエフエム』さんの廃局です。

平成20年12月5日発表

コミュニティ放送局の休止について
北海道総合通信局(局長 大矢 浩 (おおや ひろし))は、本日(平成20年12月5日(金曜日))、株式会社南区コミュニティエフエムから提出された放送局の運用休止届を受理しました。
運用を休止する放送局の概要は以下のとおりで、休止の期間は平成20年12月5日から平成21年3月6日までの予定です。

< 運用を休止する放送局の概要 >
1.免許人名 : 株式会社南区コミュニティエフエム
2.無線局の種別 : 超短波放送局(コミュニティ放送局)
3.放送局の名称 : みなみくエフエム(愛称 : グリーンエフエム)
4.周波数及び空中線電力 : 76.8MHz 20W
5.放送区域 : 札幌市南区の一部

みなみくエフエム:運用休止届を提出 /北海道
 札幌市南区の地域FM局「みなみくエフエム」を運営する「南区コミュニティエフエム」(松永大輔社長)は5日、北海道総合通信局に放送局の運用休止届を提出し、受理された。広告料収入の落ち込みなどから放送の継続が困難になったためで、同局と東京商工リサーチ北海道支社によると、同社はすでに札幌地裁から破産手続き開始決定を受けている。負債総額は3600万円。休止期間は09年3月6日までとなっているが、その後、廃止届を出すとみられる。

 みなみくエフエムは05年12月、札幌市内で7番目の地域FM局として設立され、06年6月に放送を開始。道内の地域FM局では今年3月、後志管内倶知安町の「FMニセコ」が廃止されている。【水戸健一】
毎日新聞 2008年12月6日 地方版

株式会社南区コミュニティエフエム(みなみくこみゅにてぃえふえむ、愛称:GREEN FM)は、2006年7月7日北海道札幌市南区に開局したコミュニティ放送局である。2008年4月より一部時間帯は自主制作番組以外J-WAVEの再送信を開始していた。
ところが、2008年11月から相次いで自主制作番組が最終回を迎え、自主制作番組は2008年11月末で全て終了。2008年12月からは事実上J-WAVEの再送信のみになっていたが、2008年(平成20年)12月5日に 北海道総合通信局へ翌年3月6日までの運用休止届を提出。会社は札幌地方裁判所に自己破産を申請し、破産開始手続きを受け、事実上倒産となった。負債総額は約3,600万円と見られる。北海道総合通信局にはFMニセコ放送が行った廃局ではなく、運用休止で届けられているため、今後は別会社による運営になることが考えられる。


滋賀県のBIWA WAVE休止へ
コミュニティーFM放送 経営悪化年内で滋賀県近江八幡市と安土町をエリアとするコミュニティー放送局「BIWA WAVE」(同市、曽根正幸社長)が年末での放送休止を社員らに伝えていることが18日、関係者の話で分かった。広告収入の低迷で経営が悪化したためとみられる。

放送休止を前に、地元のニュースやイベント情報などの自主番組は近く打ち切る予定。

同局は、2005年5月に開局したFMラジオ放送。自主番組のほか、業務提携を結んだ首都圏のFMラジオ局の音楽番組などを流している。地震などの発生時には、市の災害情報を発信することになっている。
しかし、今年1月、電波法に違反して規定地域外に放送したとして、同法施行後初の運用停止処分を受け、11日間放送を停止。経営が悪化し、従業員の給与支払いも滞っており、開局から3年半で放送を休止することになった。
曽根社長は「一切コメントできない」と話している。

総務省によると、コミュニティー放送は1992年の制度化以降、全国で236局が開局したが、すでにうち11局が経営難で閉局、1局が放送を休止している。 (京都新聞)

我が地方の嬉しい話題・・・『エフエムすずか』さんの予備免許付与
平成20年12月11日
コミュニティ放送局の予備免許
総務省東海総合通信局(局長 井筒 郁夫(いづつ いくお))は、本日、株式会社鈴鹿メディアパーク(代表取締役社長 向井 弘光)に対して、コミュニティ放送局(超短波放送局)の予備免許を付与しました。

本放送局は、三重県鈴鹿市に設置され、鈴鹿市の一部地域で聴取が可能となる見込みです。
この予備免許を受けて、同社では本放送に先立ち、平成21年2月上旬から一般のご家庭で受信可能な試験放送を行う予定です(試験放送のため、臨時に停止する場合があります)。
なお、本放送の開始は、平成21年3月20日を予定しています。

【予備免許の概要】
識別信号
呼出符号 JOZZ6AZ-FM
呼出名称 エフエムすずか
周波数及び空中線電力
78.3MHz 20W
設置場所
( 送 信 所 ) 三重県鈴鹿市住吉町
( 演 奏 所 ) 三重県鈴鹿市住吉町
放送区域内世帯数
64,698世帯 ((注)93.6%)
(注)鈴鹿市内世帯数(平成17年国政調査調べ)に対する放送区域内世帯数の百分率
 
鈴鹿メディアパークさんのHP http://www.suzukamediapark.jp/
        
         
     
      

鈴鹿メディアパーク:FM局に予備免許 /三重
総務省東海総合通信局は11日、鈴鹿市住吉町にFMラジオの送信所を設置する「鈴鹿メディアパーク」(向井弘光社長)にコミュニティ放送局(超短波放送局)の予備免許を付与したと発表した。FM局名は「Suzuka Voice」。周波数は78・3メガヘルツ、鈴鹿市の6万4698世帯が放送区域となる。【大原隆】
〔三重版〕 毎日新聞 2008年12月12日 地方版


ちょっと前の情報ですが、草津市のコミュニティ放送局に予備免許を交付
報道発表/平成20年11月20日

近畿総合通信局(局長:稲田 修一)は本日、草津市の株式会社えふえむ草津(代表取締役社長:酒井 惠美子)から免許申請のあったコミュニティ放送局に対し、予備免許を交付しました。
同放送局は、平成21年3月中旬から放送を開始する予定で、これにより近畿2府4県のコミュニティ放送局は33局になります。 
1、予備免許されたコミュニティ放送局の概要
申請者名 株式会社えふえむ草津
識別信号 呼出符号 JOZZ7BG-FM
呼出名称 エフエムくさつ
電波の型式及び周波数 F8E 78.5MHz
空中線電力 10W
設置場所 送信所 滋賀県草津市草津3-13-30 草津市役所
演奏所 滋賀県草津市草津2-1068-1
放送区域 草津市、大津市、栗東市、守山市の各一部
放送区域内世帯数(カバー率) 草津市 49,778世帯(98.7%)

又一つ楽しみが・・・増えました。

こうして、廃局する局、新しく開局する局と色々あるけれど、世の中厳しいけど、頑張って欲しいですね。
ラジオをこよなく愛するおやじの気持ち・・・・。

久し振りに、CFMに関する事を書きました。

若干、家の方も落ち着きを戻しかけたので、いつもの様なUPが出来れば良いなぁ~と思っています。

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

12月も早10日が過ぎました。
街は既にChristmasの飾り付けで、あちこちlightupされて綺麗です。そんな光景をチラ見しながら、家に戻ると先日カーラジオで受信した『NBC長崎放送』さんのべリカードが届きました。
家では中々受信出来ない『NBC長崎放送』さんからの返信なので、嬉しいものです。
受信データもバッチリ記入して頂けて、2重の喜びです。438

img307.jpg 
ちゃんと、小さくですがDataが記載されています。218

普段は、『RAB青森放送』が強いので難しいです。・・・・ と言う事で、『NBC長崎放送』さんのべリカード『RAB青森放送』さんのデーターUPです。

青森放送株式会社(あおもりほうそう、RAB Aomori Broadcasting Corporation)は青森県を放送対象地域とする放送局である。略称のRABは開局当初「ラジオ青森(Radio Aomori Broadcasting)」だったことに由来する。

放送時間:月曜未明1:30~4:00を除く24時間(月曜日以外は5時基点。但し、『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』が放送される12月25日と、1週間後の1月1日(元旦)が月曜日にあたる場合は放送休止をせず、12月18日4:00から1月8日1:30まで3週間連続で放送する(2000年度は該当したが、2006年度は1月1日未明に通常通り番組休止した)尚、編成などの都合で月曜未明1:00に終了する日もある他、2008年11月29日日曜日は深夜0:00で放送終了した。

ラジオ周波数
青森本局(女蛇山)
コールサイン:JOGR
周波数:1233kHz
空中線電力:D5kW
技術情報
送信空中線:95m支線式円管柱(電気興業)、頂冠6m、指向性はダウンリード方式
放送機:MBT-8037B(NEC)×2
STL:送受信装置(NEC)出力1W、2m鏡面パラボラ、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階7m×11m
非常用電源:自家発電装置20kVA
備考:1987年11月放送設備更新、5kW放送機MBT-8037Bを2台設置で1台を予備

八戸局(八戸支社内)
コールサイン:JOGO
周波数:1485kHz
空中線電力:1kW
技術情報
送信空中線:55m円管柱
放送機:JBC-5D(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート
非常用電源:自家発電装置70kVA
備考:十和田局と同期放送

弘前局(宮川)
コールサイン:JOGE
周波数:1215kHz
空中線電力:500W
技術情報
送信空中線:55m円管柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:コンクリート・ブロック1階4m×8m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1995年局舎、一部設備更新

野辺地局(二本木・青森本局から)
周波数:1062kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:65m円管柱
中継回線:放送波伝送用の上北局を1.2m鏡面パラボラにて受信
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×6m
非常用電源:自家発電装置7.5kVA

十和田局(東十六番町・八戸放送局から)
周波数:1485kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:45m円管柱(傘型)
送信機:JBC-2A(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×5m
非常用電源:バッテリーフロート600AH
備考:八戸局と同期放送。送信空中線はNHK第1と共用

深浦局(岡崎・弘前放送局から)
周波数:1485kHz
空中線電力:100W
技術情報
送信空中線:65mトラス柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面2段
送信局舎:鉄筋コンクリート1階3m×3m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1996年3月設備更新

RAB青森放送放送波伝送中継用局
鷹森山局 青森局舎からSHF波受信、VHF波にて八戸局、弘前局、十和田局、深浦局に向けて再送信。出力50W  上北局 青森局舎からSHF波受信、SHF波にて野辺地局に向けて再送信。出力50mW

ラジオの可聴範囲
青森放送局は、アンテナの指向性がむつ市方面に向けられている。逆に、弘前市方面の電波の放射は抑えられている。県内では、津軽平野と野辺地町周辺を除く陸奥湾岸での受信状態はおおむね良いが、津軽半島・下北半島の海峡寄り、津軽西部海岸、六ヶ所村の各地域では受信状態が悪い。県外では、函館方面のほか、北海道日高・秋田県北部方面で昼間良好に受信されている。夜間は僅かながらニッポン放送(1242kHz)の電波が混信することがある。
八戸放送局、および同じ周波数の十和田放送局は、おおむね八戸・三沢・十和田各市とその周辺で良好である。北海道東部太平洋沿岸部や岩手県北部でも比較的良好に受信できる地域もある。
弘前放送局は、津軽地方南部でもっとも良好に受信できるほか、青森市付近でも比較的良好であるが、大鰐・碇ヶ関あたりだと雑音がかなり目立つ。なお、東北自動車道上り線坂梨トンネルでは、弘前放送局が、NHK青森放送局ラジオ第1と共に再送信されている。
野辺地放送局は、野辺地町のほか、周辺の横浜町、東北町、七戸町でも良好に受信できる。
深浦放送局は、深浦町で良好であるほか五所川原市相内地区沿岸部や中泊町小泊地区沿岸部でも聴取可能。

弘前放送局は1062kHzだった周波数を1995年の10月、1215kHzに変更している。また、送信出力を100Wから500Wに増力した。周波数変更前にはテレホンサービスでラジオ放送が聴けた他、現在は青森放送局でテレホンサービスを実施している。[電話・青森017(723)1010。この電話番号は、RAB携帯サイトから「携帯でラジオ」に入りアクセス可能。]
野辺地中継局は野辺地地区の受信状況を改善するために、2000年1月14日開局した。なお、中継局建設に当たっては国の公共投資予算により、事業費の一部が補助されている。

地域別の番組・CMについて
日中の一部時間帯や番組では3地域において異なるCMが流れている。3地域は3放送局および3中継局を「青森放送局(JOGR)・野辺地中継局」「弘前放送局(JOGE)・深浦中継局」「八戸放送局(JOGO)・十和田中継局」に分かれる。
異なるCM(スポンサーがついている)が流れている番組 - 8時35分頃の交通情報(『今日も!あさぷり』内)、『大自然まるかじりライフ』、プッシュプッシュプッシュとラジオ伝言板(『あおもりTODAY』内)
さらに、土曜日16:00~17:00はこの3地域ごとにそれぞれ違う番組が放送されている。

※地域別番組(16:00~17:00)
HOTひろさき(弘前放送局・深浦中継局のみでの放送)
ふれあい八戸土曜スタジオ(八戸放送局・十和田中継局のみでの放送)
青森放送局・野辺地中継局は文化放送「高田純次・河合美智子の東京パラダイス」をネット受け


青森放送さんの支局・中継局の地域番組を受信すれば、ひょっとしたらべリカードも特記して貰える可能性が高いと思うが、さぁ~如何でしょう。

何か、『青森放送』さんの情報の方が多くなっちゃったです。436

良かったらポチッと一押して上に押し上げて下さい。宜しくお願いします。421
156 

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー スカウター : らぢおdeらじお  Powered by RSSリスティング  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。